■初心者の為の株式投資情報 配当 優待 推奨銘柄 注目銘柄 市況概況

2006年10月25日

ブロードバンドタワー(3776)

同社は映画制作、配給会社のシグロが提供する映画のオンライン販売「シグロ・シアター」のサイト運営を請負い、同社の視聴機関限定やコピー帽子技術を取り入れています。
ネット上で配信するコンテンツ容量が増加し顧客企業に提供しているサーバー需要の拡大で中長期的にも成長が見込まれます。現在の予想平均PERはやく16倍ですが市場平均の20倍を意識して株価は上昇に転じ33万台を目指す展開になるであろう。

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

富士通(6504)

買い620円 売り710円
同社は三菱UFJ証券が「1」として強気。もともと同社は9月25日に日興シティーグループが1Mとして目標株価を800円としましたが証券筋では外国人資金の仕込みの話があり、独シーメンズとの提携、ハードディスクの好調などから今後売り上げ高1兆円を目指すという秦3ヵ年計画策定した。相場波乱の中で株価は調整含みであるが中期的な狙いでしっかり100円から150円狙い。この銘柄は日経平均と外国人の買いでの条件となるので一定期間かけて中期での狙いとなる。当初動きは地味だろうが一度人気となると意外な高値も期待できる。

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

東京エレクトロン(8035)

同社の製品の多くは業界内のディファクトスタンダードとして認識されており日本シェアで1位、世界シェアでも2位の規模を誇っております。
今期はipodや任天堂DSに使用されるNAND型フラッシュメモリー用の製造装置が好調に推移しています。また次世代OSウインドウズ・ビスタの登場によるPCの乗り換え需要など事業環境への追い風が好材料です。さらに業界上位企業として最新の技術トレンドである半導体の微細化や新材料の使用に対応した製品をいち早く投入しており同社のポジションを不動のものにしているといえます。
今期の業績は年末商戦を想定した受注が好調だった事から通気予想を上ブレするとの見方が一般的です。今期はITバブル期を上回り過去最高益更新すると見られている事から年初来高値を更新の展開が続くと思われます。

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

太陽インキ製造(4626)

買い6500円 売り7200円
プリントハイ旋盤用レジストイキで世界シェア5割握るトップ企業で薄型テレビ、デジカメなどデジタル機器の生産拡大が続く中、レジストイキの需要も拡大しており業績を伸ばしています。
新たに従来の技術を活用したプラズマテレビ用部材が成長しており今期来期の業績を伸ばしています。
それに加え年間配当110円1.7%の配当利回りはおいしいと思われる。今期業績の上ぶれ期待は高く7000円大突破に期待は出来るであろう。

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

伊藤園(2593)

買い3900円 売り4500円
同社は世界的なお茶ブームでアジアでもかなりブームしており米国ではカフェがティールームに替わった。日本茶のイメージでわなく紅茶のようにしてお茶を飲む。それぞれの国でジャパニーズティがヒットしています。同社はお茶だけでなく商品に広がりがあり新製品投入などに力を入れ野菜ジュースなども今後拡大するであろう。ゴールドマンサックスも同社を買い推奨。
世界的ブランドとして外国人も注目株。

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

日本アコモデーションファンド(3226)

賃貸住宅系REITで同社はトップで、その強みは設立母体が不動産業界トップの三井不動産であり継続的に年間400〜500億の良い物件の取得が可能なパイプラインの強さです。
同社REITのポートフォリオは三井不動産開発の「パークアクシス」ブランドで構築されています。また企画、開発から管理、運営までみついふどうさんが一貫した業務体制を構築しており「パークアクシス」ブランド統一感、質を確保しています。三井不動産の強固なパイプラインを活用し今後も年間400億円程度の資産規模拡大が見込まれ株価は80万円を目指す展開になると想定しています

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

KDDI(9433)

9月の携帯電話契約統計で契約純増数が2ヶ月連続でトップでした。auのみで見た場合純増数はここ数年1位保っています。10業績も営業利益が前年比39%増でした。携帯電話以外の分野でもNTTに対抗しうるKDDI独自のネットワーク構築を目指したいます。固定電話事業は赤字縮小が進んでおり、利益拡大が見込まれます。
MNPの前評判は既に織り込み済みですがコンガの固定電話通信事業の効率化を考慮すると中長期的な利益成長が期待できます。
株価も年初来高値を更新しましたがまだまだ成長の余地ありと見ています。

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

ゼビオ(8281)

同社は東日本を中心に地方幹線道路沿線に店舗展開を行っていました。首都圏での出店を目指す中、昨年首都圏に多く店舗を持つヴィクトリアを買収。
店舗数はグループ全体で187となり今後も10店舗手小戸の出店を計画しています。今年6月にはゼビオカード株式会社を設立。ゼビオ本体とヴィクトリアの顧客情報を一元管理しマーケティングを強化する戦略です。
今期、ラオ期は初期コストがかかりますが利益への影響が少ないこと与信審査をユーシーカードに委託していることから事業リスクが低いこと売り上げ拡大に繋がる先行投資であることから中長期的な成長にプラスと言えます。
カビかも年初来高値更新があると思われます。

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

国際石油開発帝石HD(1605)

買い88万 売り102万
同社は4月に127万円の高値をつけて以降ここ最近の原油安やイランの油田の開発、提携事業の凍結、などに株価は揺れ動いた。9月25日の86万7千円をつけてからは株価かはは一時戻りを試すが商品市況の下落などを受けて依然と賭して株価は低迷しているがここ最近の貸株の増加傾向から次第に株価は売り込まれにくくなる可能性。また非公式ながらここ最近の原油価格の下落におOPECが日量100万バーレルの原産に踏み切ることを示唆していることから下落傾向に歯止めがかかる公算。

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

菱和ライフクリエイト(8896)

これらの銘柄は一度浮上する可能性がありそうです。
ただ、大相場というよりはその場の上げに乗る気持ちで。様子見をしないで上げないならば、ある程度の日柄で損が出ないうちに退却をすることも必要です。

もっと情報が欲しい方は⇒こちら
posted by proeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。